未分類

レジストリエディタ(regedit )windows10での開き方や起動方法、使い方やできること、実行できるコマンドの種類まとめ

 

windows10での開き方・起動方法

 

レジストリエディタ(regedit )は、windows10などのosにあらかじめ設定されているツールです。

何ができるかというと、領域のデータを閲覧、変更できます!

 

windowsに初期搭載されていますから、外部からインストールは不要です。

 

普通にpcを使っている分には、レジストリエディタ(regedit )を扱う機会はほぼないでしょう。レジストリエディタ(regedit )を使わなくても普段の作業は可能です。

 

ただ、レジストリエディタ(regedit )を変更して設定を変えて問題を解決できることも

多いので、使い方について知っておいたほうが有利になる場合があります。

 

まず、レジストリエディタ(regedit )の開き方や起動方法ですが、下記の手順でできます。

 

1.windowsキー+Rキーを同時に押す

2.ファイル名を指定して実行ウィンドウの入力ボックスに、半角でregeditと入力

3.okボタンを押してエンターキーを押す

 

 

 

使い方

 

レジストリエディタ(regedit )を起動させれば早速使えます!

 

レジストリエディタ(regedit )を初めて使うユーザーにとっては、レジストリエディタ(regedit )の使い方が難しく感じるかもしれません。

 

イメージ的には、windowsでお馴染みのインターネットエクスプローラーを扱うイメージです。

レジストリエディタ(regedit )を使って項目を削除することも可能です。

 

1.削除する項目を選ぶ

2.マウスを右クリックしてメニューから削除を選ぶ

3.確認ダイアログが表示される

 

レジストリエディタ(regedit )で項目を編集することも可能です。

 

1.編集したい項目を選ぶ

2.マウスを右クリックして出てくるメニューから修正を選ぶ

3.編集ウィンドウが表示される

 

レジストリエディタ(regedit )で新規項目を作成することも可能です。

 

 

 

できること

 

レジストリエディタ(regedit )の基本として、レジストリエディタ(regedit )でできることも押さえておきましょう。

 

windows10にはあらかじめレジストリエディタ(regedit )が入っているので便利です。すぐ作業開始できます。

 

できることは主に編集作業です。新規作成や削除も可能です。

 

レジストリエディタ(regedit )があれば、編集ができます。

 

レジストリエディタ(regedit )自体やレジストリの構造は、windouws7から10にバージョンアップする上で大きな変化はありませんでした。

 

ですから、windows7ですでにレジストリエディタ(regedit )を使い慣れていたユーザーは、引き続き同じような要領でwinduws10が使えます。

 

レジストリの基本構造からして無効な編集でもエラーでできないことはありませんから、ひとまず編集したいものがあれば積極的に試してみることをおすすめします。

 

 

実行できるコマンドの種類

 

レジストリエディタ(regedit )を使いこなしてマスターするなら、レジストリエディタ(regedit )のコマンドの種類もある程度知っておくと便利です。

レジストリエディタ(regedit )を変更する時にコマンドは使います。

 

レジストリエディタ(regedit )の構造を理解する時に役立ちます。よく使うコマンドは下記の3つです。

 

・reg delete コマンド…レジストリを削除できます。

特定のレジストリを探して削除でき、削除する手間を省けるんです。

 

・reg add コマンド…レジストリの値を上書きでき、追加ができます。

特定のレジストリを探して値を変更し、新規作成の手間を省けます。

・reg query コマンド…レジストリの値やレジストリーに連なるサブキーを読み取れます。

 

 

管理者権限について

 

レジストリエディタ(regedit )には、すべてのwindowsシステムとインストール済のプログラム、ユーザーアカウントの情報が集約されています。何かの事情でwindowsのレジストリ情報を追加、修正、削除など編集する時は、管理者権限を持つユーザーアカウントが必要になるので気を付けましょう。

 

ただ、windowsレジストリエディタ(regedit )キーを変更、削除しようとしてもそのキーに対して許可されてないという警告メッセージが出る場合があります。

 

このような警告が出たら、レジストリエディタ(regedit )を編集するための所有権を取得しなければなりません。

 

まずはレジストリエディタ(regedit )を起動させ、ファイル名を指定して実行を起動します。レジストリエディタ(regedit )の実行を許可するかどうか、ユーザーアカウント管理の画面が出てくるでしょう。

 

「はい」を選んで次へ進みます。ここでレジストリエディタ(regedit )を右クリックして、新しいキーを追加できるのです。

-未分類

Copyright© バカドラムスット111 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.